« 喜びの歌 | トップページ | MOTHER »

2009年5月 5日 (火)

Driver's High

皆さんこんにちはpaperソイル院長(ソイルマスター)の光延です

GWをエンジョイしてますか?もう残すは1日となりましたねhappy01私は10日までですsunなんて特別なお方は措いといてsweat021,000円渋滞は相変わらずスゴイみたいですねrvcarcarcarrvcarbus

毎朝ワイドショーでも取り上げられて、16時間ドライブなんていう家族も紹介されてたりしてsweat01私の友人も今年は12連休だったらしく山口に沖縄に宮崎にとものすごくGWを満喫してたらしいんですが、昨日高速の渋滞につかまり、すごくくたびれたと話していましたshockざまぁ・・・いやはやお疲れ様でしたcoldsweats01

長時間車に乗っているのも疲れるもので、退屈だからとDVDを見たりcd本を読んだりbookで時間を潰す方も多いと思います(もちろんドライバー以外の方ですよ)

でも車の中での読書って、ものすごく酔いやすいんですよねtyphoon私も子供の頃は2時間弱のドライブで車酔いしてオエオエとなっていましたcryingだいたい3回に1回くらいの割合でsweat02

そんなわけで今からでも間に合うsign03車酔い(吐き気)に効くツボをご紹介いたしますgood

まずは「内関」(手のひら側の手首のしわの中央から指3本分上にあります)、このツボは酔い止めのツボとしてはかなりのメジャーで、このツボを刺激できるように設定してある「酔い止め用リストバンド」なんてものも売ってあったと思います

このツボに10円玉を貼っておくと金属のイオンが反応して効果があるそうです、さらに足にある「公孫」(足の親指の付け根にある骨のでっぱりから骨に沿って指を滑らせて止まるところ)も吐き気に効果があるツボで、このツボに1円玉を貼ると金属の電位差によるイオンの働きで効果が高まりますup

Img_1432 Img_1431

わかりやすいかと思い写真を載せてみました(モデルは私です、汚い足で申し訳ありませんですsweat01

もう一つは「関衝」(手の薬指の爪の生え際の小指側)、このツボも簡単に押せるのでおススメです、親指と人差し指で挟んでゆっくりと3秒ほど押さえては一休みする動作を10回ほど繰り返すと効果が出てくると思います

一番良い予防法としては、姿勢を真っ直ぐにして、ドライバーの気持ちになり進行方向を見て自分が運転してる気になることでしょうか?ドライバーは車酔いをしませんからねcoldsweats01

明日(もうすでにsign02)Uターン&1,000円渋滞で大変かもしれませんが事故らないようにお気をつけ下さい

ソイルは明日の6日は水曜日ですが、祝日で連休最終日でもあるので営業いたします、替わりに7日(木)をお休みさせていただきます

連休で逆に疲れちゃった方々、癒されにお越しください

お待ちしてます

にほんブログ村 美容ブログ 美容鍼灸へ
にほんブログ村 Banner_23_2

|

« 喜びの歌 | トップページ | MOTHER »

心と体」カテゴリの記事

コメント

(゚▽゚*)お疲れ様です。
そうなのです。さすがマスターです。
やはり、専門家の視点は違いますね。

投稿: キャサリン | 2009年5月 6日 (水) 02:29

キャサリンさん
コメントありがとうございます
お褒めの言葉もありがとうございます

で、そうなのです!はどこなのです?coldsweats01

投稿: ソイルマスター(院長) | 2009年5月 6日 (水) 10:45

こんにちはぁ~^^
& お疲れ様です。。oO
また図々しくコメント失礼します♪

渋滞、すごそうですね。。oO
私は渋滞とは無縁の生活なので、
そぅぃぅ話を聞くと幸せ者なんですね^^

吐き気と酔いのツボ!!
勉強になりましたぁぁ~~!

ぃつもコソコソ覗いて
お勉強させて頂いてます。oO

今更なんですが、、
もしご迷惑でなければ、
私のblogにLink頂いても
ぃぃでしょうか??

投稿: cotty** | 2009年5月 9日 (土) 13:59

cotty**さん

コメントありがとうございます
図々しいだなんて、とんでもないです!!
コメントうれしいです

私もカレンダー通りの休日ではなくなったので、渋滞とも無縁になりましたよsmilesweat01
ツボは参考にしていただけると幸いですgood

Linkはぜひともよろしくお願いします
なかなか相互リンクをお願いできなくて、言っていただけて感謝です

投稿: ソイルマスター(院長) | 2009年5月 9日 (土) 14:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 喜びの歌 | トップページ | MOTHER »