« セルライトケアモニター 9回目 | トップページ | セルライトケアモニター 10回目 »

2009年3月 1日 (日)

花粉症の季節ですね

こんにちは、ソイル院長(ソイルマスター)の光延ですpaper

早いものでもう3月ですよ、日中も暖かで過ごしやすい日が増えてきましたがsun花粉症にお悩みの方には過ごしづらい季節の訪れでしょうかclover

私はもともと鼻炎持ちなためか、幸いにしてまだ花粉症デビューはしてません

2月12日のブログ(アメリカ式美容鍼9回目)のコメントで鼻水(鼻炎)に効くツボについて少し触れたところ、やはり「鍼で花粉症は治るの?」という質問をいただきました

私なりの答えとしては「鍼治療で花粉症の症状がすごく抑えられたり、効果的に予防出来た人もいます」ですかねeyeglassshine

やはり花粉症はアレルギー疾患で個人差がありますから絶対治るとは断言できないんですが、鍼灸を併用することで花粉症用のお薬の服用を減らしたりなど、その効果は期待出来ると思いますscissors

少し話が逸れますが、鍼灸治療には標治(対症療法)と本治(根本治療)があります。

標治は出ている症状に対して直接的な治療を行うことです(かなり大雑把な説明です)、西洋医学で風邪の治療に解熱剤や咳止めなどを処方したり、肩こりの治療で、肩の押さえてイタ心地いい場所に鍼をしたりなどです。

本治はその症状の原因に治療を行うことで、中医学では諸症状が身体の中(臓腑)のどの働きのバランスの乱れで発生しているのかを探して、症状が出にくい体質へと改善していきます、ですが一回の治療で簡単に改善するものでもないので、標と本を組み合わせて治療を行っていくわけです。

花粉症と一口にいっても症状には個人差があり、中医学的には鼻水や鼻づまりの色や状態によっても原因としてバランスを乱している臓腑が異なってきます。

以前ブログコメントでご紹介したツボ(上星:額の中央の髪の生え際から指2・3本分上の位置にある)は鼻水(鼻炎)の標治に有効なツボだったわけです。

他にも鼻水(鼻炎)の標治には印堂(眉間の中央)や迎香(小鼻の横の溝)が、目の充血・痒みの標治には承泣(黒目の真下で眼窩下縁)や四白(承泣の指2本分真下で眼窩下孔のくぼみ)があります。

これらのツボを押さえたり、鍼や灸で刺激して顔面部の水分の循環を改善して症状を緩和させることは可能ですが、やはり花粉が飛び交うよりも早い時期から本治での体質改善に取り組んで効果的な予防を行うことが大事だと思います。

今年の花粉の量は例年の数倍(毎年のように聞いてる気もしますがcoldsweats01)らしいです。

風邪やインフルエンザの予防と同じく、まずは「マスク」と「眼鏡」で花粉の侵入を出来るだけ防いでいくことからでしょうか、朝晩の気温差も激しかったりで体調を崩しやすい時期でもあるので皆さまお気をつけください

にほんブログ村 美容ブログ 美容鍼灸へ
にほんブログ村 Banner_23

|

« セルライトケアモニター 9回目 | トップページ | セルライトケアモニター 10回目 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

票治・本治があるんですね。
知りませんでした。ためになりますね。
またツボの場所と効果もわかりました。
ありがとうございます。

投稿: キャサリン | 2009年3月 1日 (日) 21:20

私は幸いにして花粉症じゃないのですが
同じサークルに、花粉症が酷くて
薬を飲んでいる人がいます。
鍼治療をすすめてみるのもいいかもしれませんね。

投稿: ハスミ | 2009年3月 1日 (日) 23:18

キャサリンさん
コメントありがとうございます
花粉症についてはいろんな先生方が
HPやブログで情報提供されてるので
特別目新しいことも書けないんですが
少しでも参考にしていただけると幸いです

投稿: ソイルマスター(院長) | 2009年3月 2日 (月) 10:24

ハスミさん
コメントありがとうございます
やはり花粉症でお悩みの方が近くにいらっしゃいますか
花粉症の薬は眠気を催すものも多いので
鍼灸との併用で薬の量を減らすことが
出来るだけでも全然過ごしやすさが違うと思いますので
是非鍼灸をお試しになるようにおススメをお願いします

投稿: ソイルマスター(院長) | 2009年3月 2日 (月) 10:26

この間ニュースで花粉症がたちが悪くなっているらしい事やってましたね。今まで花粉症でない人も花粉症になる可能性があるそうです。
中国からの黄砂によって、汚染された何か(忘れました)と花粉が混ざって飛んできているそうです。
花粉症まだですが・・なりたくないです^^;

投稿: maimai | 2009年3月 5日 (木) 22:00

maimaiさん
コメントありがとうございます
いろんな病気同様に花粉症も進化しているんですねshock
ホントにしんどそうにしてる花粉症の方も結構いるから、発症したくないですね
やはりインフルエンザ同様に地道ですがマスクの着用で予防ですかね

投稿: ソイルマスター(院長) | 2009年3月 6日 (金) 11:52

花粉症って、自分の限界を超えたときに発症するっていいますよね・・・できればなりなくないなぁ。
もし、なってしまったら、ソイルマスターさんのとこに駆け込みますrun

投稿: あげ升・涼子 | 2009年3月12日 (木) 11:30

あげ升・涼子様

コメントありがとうございます
花粉症なんで発祥原因として花粉吸引量の個人的な閾値もあるとは思いますが、やはり身体の代謝のバランスが整っていれば発症しにくくなると思います

なってしまってからでは少し遅いですが、全力で症状の緩和に努めますので、是非駆け込んで下さいrun
お待ちしてます(花粉症に罹るのをではないですよcoldsweats01

投稿: ソイルマスター(院長) | 2009年3月12日 (木) 12:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« セルライトケアモニター 9回目 | トップページ | セルライトケアモニター 10回目 »