« アメリカ式美容鍼 体験3回目 | トップページ | アメリカ式美容鍼 体験4回目 »

2009年1月 5日 (月)

アメリカ式美容鍼について

皆様、あけましておめでとうございますsun

「アロマティック&鍼灸サロン ソイル」院長の光延です。最近はソイルマスターと名乗って色んなブログにお邪魔させていただいてます、今年もよろしくお願いします

さて新年一発目のブログはアメリカ式美容鍼についてsign01お話させていただきます

ちょうど一ヶ月前に自分から話をふっておきながら、ホントに今更になってスミマセンsweat02

正式にメニューとして導入するときにアップしようと考えていたんですが、スタッフの体験日記ブログもスタートしたので簡単に説明させていただきます

まずは美容鍼について少しお話しておきましょう

東洋医学では古くから・・・2000年以上前の書物にはアンチエイジングや美容についての記述があり、漢方・食事・鍼灸・推拿・気功の5つがアンチエイジングを解く鍵とされていました

その一つである鍼灸で美を見るときに大切なのが人体の三宝・・・「精・気・神」です

精は親から受け継いだDNAから骨格筋などの肉体

気は身体に流れている生命活動エネルギー

神は精神=心です

アンチエイジングにはこの三宝を元気にして、体の根本から綺麗になることが大切であると既に2000年以上前から語られていたのです

この東洋医学的な内から綺麗になる(インナービューティー)という考えに、西洋医学的解剖学の知識を組み合わせたものが、現代の美容鍼となります

鍼なのにアメリカsign02

鍼って中国じゃないの?という人もいると思いますが、鍼灸は今や全世界に普及しています。

特にアメリカは異文化を上手く取り入れる国であり、またオリエンタルなものに惹かれやすいという風土もあって鍼灸は日本以上にメディアでも取り上げられて、多くの人に認知されています

そして美容に東洋医学を取り入れた、現代版美容鍼はアメリカから世界へ広がりました

アメリカ式美容鍼はフランス・中国・日本などの鍼のいいところをとって、生まれた総合技術で、気になるシワはフランス式の鍼で筋肉を刺激して改善し、体のツボは中医学や日本の鍼の腹診を活用してケア、たるみは生理解剖学的にリフトアップします

11月に来日されたマリーエリザベスウェイクフィールド女史はアメリカ美容鍼灸界の第一人者で27年間に及ぶ臨床経験があります。

その経験から健康レベルを上げて、美顔に導く鍼灸を様々な角度から取り入れて美容鍼を体系化されました。即効性のあるフェイシャルとアンチエイジングの鍼灸手法、その効果はNY times、FOXnewsなど欧米の各種メディアで取り上げられています

全世界で3000人近い鍼灸師・ボディワーカー・エステティシャンを指導した実績を持たれており、この度マリーエリザベス先生に直接指導していただいた鍼灸師だけがアメリカ式美容鍼の名称を使用出来るんですsmile

Photo

←左がマリーエリザベス先生です、瞳がすごくキレイでとてもチャーミングな方でしたhappy02

長々と書いてしまいましたが、既存の美容鍼メニューとの明確な違いは・・・使用する鍼のサイズとそのアプローチするポイントですsign01 三種類の鍼によるアプローチを行います。 最も太い・・・といっても直径0.18mmの鍼は主に顔の筋肉(表情筋)にあるモーターポイントへ刺激を与えて即効性のあるリフトアップ効果をもたらすために使用しますshine 次にフランス式のテクニックでシワの原因となる顔の筋肉(表情筋)にアプローチして、バランスを整えながら徐々に、しかししっかりとリフトアップ効果をもたらしていきますshine そして最も細い(直径0.12mm)の鍼で肌の表皮・真皮層を刺激して、免疫反応からお顔の血行を促進し、代謝を促していき、肌にハリと潤いをもたらしますshine 顔の筋肉(表情筋)へのアプローチする時は刺さる時にチクッときやすかったり、独特の刺激がありますが、お客様曰く「そこがまたより効いてる感を出してくれる」とのことらしく、また回数を重ねるごとに気にならなくなるそうです

少し太めの鍼を使用するので、出血・内出血・青あざの危険性も高くなります、しかしだいたい一週間以内には消えますflairsweat02

そしてやはり、ここが一番重要ですね、リフトアップやシワ取りの効果はズバリ高いですup、約10回集中的にケアしていただけると2~3年は効果が持続しますscissors

体験ブログもありますので是非ご覧くださいpaper

にほんブログ村 美容ブログへ

Banner_23_2

|

« アメリカ式美容鍼 体験3回目 | トップページ | アメリカ式美容鍼 体験4回目 »

美容・コスメ」カテゴリの記事

コメント

0.06ミリがどれほどなのか分かりませんが
出血・内出血・青あざとは…
やはり、綺麗になるためには努力が必要ですね。
でも、そうして努力して「綺麗になったね」と
言われると嬉しいですよね。

投稿: ハスミ | 2009年1月 6日 (火) 22:47

ハスミさんコメントありがとうございます

0.06mm・・・ホンのわずかのようですが、現在美容鍼に使用している鍼の直径が0.12mmですので1.5倍になるわけです、それでも十分に細いんですがcoldsweats01
やはり鍼を刺すので出血などが絶対ないとは言い切れませんが、可能性が上がるというだけで危険などは一切ないんですよ

投稿: 院長 | 2009年1月 8日 (木) 11:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アメリカ式美容鍼 体験3回目 | トップページ | アメリカ式美容鍼 体験4回目 »